段々、手が付けられなくなる3歳男子(子育て編)

こんにちは。

旅行が好きで福島から自主避難しているけど、福島に帰りたくなっているノコノコです。

題名の通り、最近の息子(3歳)の行動が予測できなく、動きが激しく、親の言うことを全く聞いてくれないという事態に陥っています。

このまま、手が付けられなく育っていくのかと思うと絶望です。

ということで、予測できない行動を記録がてら残しておこうと思います。そして、現段階で実践しているけど、うまくいっていない方法も書いていきます。

ご飯中の落ち着きのなさ

一口食べたら、おもちゃで遊ぶ。これに関してはおもちゃがある限りどうしようもない。ということでおもちゃを片付けてみました。

が、意味がない。

結局、他のことに注意がいってしまいます。おもちゃの次は絵本。絵本読んで攻撃がすごいことすごいこと。

出かけたときの行き先での駐車場で走る

車がきたらひかれるよ!!!といっても走る。いざ、車がくるとびびって止まるが、あせって車のほうに走ってしまうことも。

親が追いかけると、さらに逃げる。

車に引かれたら、もう一緒に遊ぶことできなくなるよ!死んでしまうよ!

といってやっと落ち着く。

が数分後には同じこと。

こればかりは、どうしていいか。手をつなぐしか今のところ方法が見つかっていません。

ちなみに、手をつないでも振り払うことは日常茶飯事です。

物でたたく

家にある気にいったおもちゃで叩いてくる。叩くと痛いということを伝えても….。

これも、成長して叩いたらいけないということをわかってもらうしか解決しないのではないか。

スーパーで物を触りたがる

これが一番やってほしくないこと?かな。

魚とか肉とか野菜とか触ろうとする前にとめるのが大変。

気になるのはわかる。でも、さわらないでほしい。

さらに、買わないよといっても勝手にお菓子をスーパーのカゴに入れたり。

誰が買っていいっていったの?って聞くと必ず返ってくる答えが、

うんち君とおしっこちゃん。

はいはい。

まぁ、かわいいです。

まとめ

今が成長期で一番手がかかる時期と思ってがんばるしかないのでしょうね。

手が付けられな分、かわいいということもありますが、体力がついていかないこともあります。

いい方法を見つけていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする