女の子の習い事(サッカー)

こんにちは。

福島から自主避難してそろそろ自主避難を終わらせようとしているノコノコです。

娘が小学校入学と同時にサッカーをやりたい!と言い出しました。

というのも、卒園式での宣言

「サッカー選手になりたいです!」

えっ!!!

サッカーやったことないのに?練習もしてないのに?

ってびっくりしました。

そこでサッカーをやるためにチームに問い合わせをし、先日練習に参加してきました。

サッカー用具

通常サッカーをするには必要なスパイクであるはずでした。

が、最近はアップシューズなるものがあるようです。スパイクとは違い靴の下が少し滑りにくいようにボツボツがついているもの。

こんなもののようです。自分が小学校の頃というか今までサッカーをやっていて使ったことがなかったです。

理由はスパイクを使うとポイントが減るからとのことでした。そして、スパイクは試合に使うとのこと。ただ、スパイクで練習するかアップシューズで練習するかどちらかは選べるようです。

フットサルも行うので、靴の裏が飴色のシューズ。

体育館で練習するときには、これを使うようです。上靴でも可とのことでした。

他にはチーム用の練習着、ソックス、試合用のユニフォームなどなど。

最初にそろえるとなかなかお金がかかります。

サッカーの練習日

娘が所属するチームは外での練習日と体育館での練習日合わせて平日4日あります。これはうれしいです。

練習は毎日やってもいいくらいなので。

我が娘は保育園が体力系の保育園でしたので、体力が有り余ってる。

ここでサッカーをやってもらい、家に帰ったら疲れて寝る。

最高のパターンです。

女子はチームにどれくらいいるのか

やはり少ないです。人数で言うと6人。まぁ仕方ないです。いるだけよかった。

福島に帰ったときに、チームスポーツをやっていれば友達もできやすいと思うので、ぜひ、頑張ってうまくなって欲しいものです。

まとめ

女子サッカーが流行っている昨今。まさか、娘がサッカーをやるとは思っていませんでしたが、サッカー経験者の親としては、とてもうれしいことです。

娘がサッカーをやるには親の協力も必要になります。家族ぐるみでやろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする