亀正はもう土日は混みすぎてて厳しい!!!

こんにちは。

旅行が好きで福島から自主避難しているノコノコです。

娘の卒園式のあと、別府で有名な回転寿司屋である「亀正」でお寿司を食べようと、卒園式が11時30分に終わったので行ってみました。

亀正についた時間

だいたい12時。この時点では駐車場は空いていました。

中に入り受付をしてみると、待ってる人数が相当多く、紙が4枚いっていました。1枚にかける人数は35組くらいだったと思います。

ですので、100組は自分達より前にいるという計算。駐車場に車がなかったのは、待ち時間が長いので、時間になるまでみんなどこかにいっているからだったのです。

暇つぶし

とりあえず、1時間は最低待つのは確実だったので、オートバックスにいったり、近くの電気屋いったり、1時間とりあえず時間をつぶしました。

いざいってみる

今度は駐車場がいっぱい。とめる場所もなかったので、紙だけ確認。ここで3枚目にはいったばかり。あと1時間はかかるなぁというところ。

日出の図書館へ

こうなったら日出の図書館まで行って時間をつぶそう。ということになりました。日出まで20分。往復40分。一応計算では図書館で本を借りて帰ってくるのでちょうどいい時間。

さて戻ってみる

子供がいると予定通りにはいかないのは当たり前….。図書館で本を読んだり、図書館の隣でお腹が空いたのでからあげを買ったり。ここで14時25分…..。

これはまずい。

亀正は名前が呼ばれて30分以内であれば、次に空いたときに呼んでくれるシステム。お願いします。

ついたのは14時45分。

悲しい結末

名簿を見てみると、14時5分に呼ばれていました。

名前を呼ばれて40分。10分オーバー….。

まとめ

亀正で土日に寿司を食べたい場合は、開店1時間前から並ぶか、名前を書いて我慢強く待つ。基本的に平日の夕方は空いてるので、平日に行く。

旅行者であれば、我慢強く待つ。これしかないですね。

旅行の本に載ってしまうと人でいっぱいになるという、いい例でした。熊本のイマキン食堂も同様です。

地元でおいしい店にいけなくなるのは悲しいですね。

結局、別府の回転寿司の「水天」にいってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする