子供は食事中に突然やめて遊びだす(番外編)

こんにちは。

旅行が好きでバックパッカーしたり、福島から自主避難しているノコノコです。

いつも思うのですが、なぜ子供は食事中に突然遊びだすのか。その疑問を考えてみました。

遊びだす理由

・食事が自分の好きなものでない場合
うちの場合は野菜・みそ汁が嫌いです。好きなものはすぐ食べるのですが、その最後の難関である食べ物を残して遊び始めることが多いです。やはり、嫌いなものからは逃げたいと思っているのでしょう。

・おもちゃが食事場所の近くにある場合
部屋が片付いてない場合には、おもちゃがご飯を食べるテーブルの近くにあることが多い。目についた場合にはすぐ手にとって遊んでしまいます。

・単純にずっと座っていることができない
下の子は特にそうですが、というか当たり前ですが、じっとしていることができません。大きくなれば解消できるはず。。。

ぱっと思いつく理由はこれくらいかなと思います。

食事に集中できるようにするためには

・時間が解決し大人になるのを待つ
これが、一番確実かなと思います。ですが、公の場では、落ち着いてほしいという気持ちがあるので解決法にはなってない。。。

・その都度注意する
毎日、根気よく怒らずに冷静に注意する。そうすることで、食事中は遊んだりしないんだと分かってもらう。今のところ、数年言い続けていますが、なかなか治らないです。

・食事中の会話を意識する
今日、保育園でやったこと、子供が興味がある話をしながら、他のおもちゃ・絵本に注意がむかないようにする。しかし、これがなかなか難しい。親同士の会話もしたいことがあったりし、気が付くと子供がつまらなそうな顔をしてしまったり。。。
ですが、今までの中で子供が好きな話をしながらの食事が一番食事に集中できていたと思います。

外食中での落ち着きのなさ

つい、先日外食してきたのですが、子供はお子様ランチを注文します。おもちゃ目当てというのもありますが、お子様ランチが大好きです。

大戸屋では最初におもちゃを選ぶ時間があります。そこからが問題。食事がでてきても、おもちゃに夢中。食べてから遊ぶように言うと食べる。がまたすぐ、おもちゃへ。

外食でおもちゃがある場合は、諦めるしかないのかなぁと思いました。

が、これも家庭での教え次第。

家の中でご飯中は遊んでいけないということを認識させることができれば、外食中でも食べてから遊んでくれるのかな。と思います。

まとめ

子供の行動はそう簡単にはなおらないので、根気強く教えていくことが重要であると思います。

これから、子供が大きくなっていくにつれ、子供が外にでて恥ずかしくないように育ってもらえるように子育てをしていきたいなと感じました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする