三歳は楽ではなかった。洗礼をあびる!!!(子育て編)

こんにちは。

旅行が好きで福島から自主避難そして、ヨーロッパをバックパッカーをしたことがあるノコノコです。

前回、三歳の子は扱いが楽と書いたのですが、さっそく洗礼をあびました。

毎日、保育園の送迎をしているのですが、送るとき。
つまり、朝、言うことを全く聞いてくれなくなってしまい遅刻寸前でした。

何が起こったのか

ご飯をちゃんと食べてくれない。いつまでも、こたつに入っている。ここまではいつも通りです。しかし、いつもなら一緒に食べさせると食べてくれたり、こたつから出てくれます。

が、今回はこたつから出したら、出した時に足が痛かったらしく「足が折れた~!!!!!!」って永遠に泣く泣く。

時間と戦っているこっちが泣きたい。

しかし、ここで負けたらいけない。

足が折れたの?ごめんね。ひたすら謝る。(負けました)

「ごめんじゃない~!!!!!」また、泣く泣く泣く・・・

とりあえず、上の子にお願いして、先に行くよって出発するふりをしてみる。

「一人ぼっちになっちゃう~!!!!」もうだめだ。。。

ここで、時間は8時25分。上の子は8時30分までに保育園に行かないといけない。自分は8時40分に保育園を出ないと会社は遅刻。

フルスルットルで頭の中で時間の計算!!!

上の子は諦めよう。自分だけでも間に合うように!!!

とりあえず、最後の手段。ヨーグルト飲む?と聞いてみる。

「飲む」

よし!勝った。

急いでヨーグルトを準備し、機嫌がよくなったところで、出発しました。

まぁ、朝じゃなければ放置で問題ない事案ではありますが、朝となると本当にどうしようってなります。

送ったさきの保育園での出来事

時間がないので、下の子を抱っこして走る。保育園で毎日書かないといけない、食事や寝る時間、起きる時間等を記入。ここの時点で8時38分。やばいやばい。

さらに、問題が。

下の子の抱っこの仕方に問題があったらしく、この抱っこ違う!!!

と言いだしてしまった。。。

いつもなら、泣きやむまで保育園にいて、先生に預けるが今日は時間がない。

担任でもない先生に子供を泣いたまま渡して逃げました。

結論

会社はぎりぎり間に合いました。

そして、子供を帰りに迎えに行くと、超ご機嫌。

なんだったんだろう。。。

朝以外の時間ならどうとでもなるが、朝は勘弁してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする