第10回由布院温泉感謝祭に子供と行ったが目当ては餅まきのみ?

こんにちは。

旅行が好きで福島から自主避難しているノコノコです。

目的としては、午前中が雨で行くところがなく、家から30分でいける場所でちょうどいいイベントがやっていたので行ってきました。餅まきの商品が無料宿泊券があるから。それだけの理由で行ってきました。

湯布院自体はもう何回も身内の観光のために行っています。湯布院のつまらなさも人一倍体験しています。ですので、餅まきに命を懸けて行ってきました。

由布院温泉感謝祭

場所は乙丸公民館前 ふれあい広場というところで、由布院駅の近くにあります。写真同様狭いです。神楽の奉納や由布院温泉宿泊券などが当たるお年玉付き餅まき、ぜんざいのふるまいが行われるイベントです。先ほど目的で書いたようにお年玉付餅つき目当てで行きました。

お年玉付餅つき

12:00と15:00のお年玉餅つきの内、15:00に行ってきました。有料駐車場一回500円の場所を探してとめ(いたるところに500円の駐車場はあります)14:30分くらいからうろうろ。神楽は子供が怖いというので、ほとんど見ず。14:55になったところでいざ出陣!!!

神楽を見るためにイスに座ってみている方の前で餅まきが行われる。あっ。。。と思ってももう遅い。イスに座ってませんからね。と思ったら脇からも餅をまくとのこと。

子供を探したらいない。なんと一人でイスの前方のほうに行き餅をもらう準備万端。大人に混じっているので、子供の姿があっという間に見えなくなりました。

自分も餅をもらうために、脇に移動。いざ、まくぞってときに、押される。50歳くらいの男が体当たりしてきた。イラっときたが、逆に冷静になれた。そんな男と張り合う必要はない。下に落ちたものを拾えばいいのだ。ということで下ばかりみる。
作戦成功。餅を2個ゲット!

お年玉なし。

子供、餅2個チョコたくさんゲット!!!

お年玉なし。

結果、餅4個とチョコ。

ここまで、来た意味なし。

無駄な時間でした。

「道の駅ゆふいん」で売っているおいしい”鶏飯のおにぎり”

「道の駅ゆふいん」という湯布院から車で10分ほどの場所にある道の駅でしか売っていないと思っていた”由布のとりめし”。これが、まさか湯布院で買うことができるとは思ってもいませんでした。道の駅ゆふいんでは売り切れるくらい大人気商品です。

食べると、味はもちろん、おにぎりの固さ、大きさ、添え物の漬物。すべてが美味しい条件で作られています。3個は余裕で10分あれば食べてしまいます。行けば毎回買うおにぎり。

それが、湯布院の”農産物直販所 陽だまり食堂 で売っていました!!!

テンションがあがりましたね。
でも、ダイエット中なので一口だけ、というか子供が食べてほとんど残ってませんでした。

抹茶ジェラート専門店telato(テ・ラート)

下の子がうんちというので、トイレに行っている間に、余程おいしかったのか、だいぶ食べられていました。この日はダウンを着ていても寒く、震えていました。がアイスは寒さを忘れるくらい美味しく、夢中で食べていました。

抹茶の濃度も1倍~5倍と選ぶことができます。子供が食べるので1倍でしたが、抹茶が濃厚で忘れられない味でした。

次は2倍に挑戦したみたいです。

ただ、湯布院がつまらないので、行くかどうかはわかりませんが。。。

まとめ

由布院温泉感謝祭は行ったほうがいいかどうか。結論としては、行くべきではないです。湯布院に初めて行くときに、たまたま感謝祭やっていたら見よう的なところです。神楽に興味がある方は別ですよ。今回は地元の高校の生徒が神楽を演じていました。郷土芸能として全国大会に出場するような素晴らしい神楽なので、子供が怖がらなければ見ることもいいと思います。

ただ、感謝祭としては、微妙です。そのほかの、抹茶アイスや湯布院駅を見学に行く程度であればいいと思います。

今回は、偶然、ななつ星を見ることができました。

思わず写真をとってしまったのですが、どうでもいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする