城島高原パークの後は城島高原ホテル!

こんにちは。

旅行が好きで福島から自主避難しているノコノコです。

今回は城島高原パークにスケートにいった後の温泉についてお伝えします。
城島高原パークは山の中にあるので、近場に温泉はありません。
あるとすれば、下山して別府IC近くの堀田温泉などです。

そのため、スケートで冷えた身体を温めるには「城島高原ホテル」の温泉”大地の湯”が最高です。すぐ近くにあるので行ってみてくださいね。

城島高原ホテル

城島高原パークのすぐそばにあるホテルです。

スケートをするために一番近い駐車場(南第一駐車場)にとめたら、ホテルも見えます。

受付でお金を払うと地下のお風呂に行くように教えてくれます。

公式HP:http://www.kijimakogen-hotel.jp/

温泉の種類

(公式HPより)

内湯があり、露天風呂(五右衛門風呂が二つと広いお風呂が一つ)あります。
内湯にはジャグジーもあり、子供用のおもちゃも備え付けてあります。
子供がいると入れませんが、サウナに水風呂もあります。

露天風呂につかりながら、外の景色を眺めるとつかれもふっとびます。五右衛門風呂は子供二人と大人一人が入れるくらいの大きさですので、ゆっくりできますよ。

料金と受付時間

気になる料金ですが、大人800円、子供300円です。城島高原パークの入園券を見せると半額で入ることができます。子供は3歳は料金がかかりませんでした。

タオルは100円かかりますので、持っていきましょう。

受付時間は13時~17時です。17時まで受け付けをすれば18時まで入ることができます。

子供用の遊び場所

お風呂のすぐそばに子供の遊び場所があります。

絵本もあり、おままごともでき、子供が暇にならないようになってますので、子供と一緒に入らなかった親のほうは、温泉にゆっくり入ることができますよ。

まとめ

いかがでしたか。城島高原パークにいったら、安く入れる城島高原ホテルの大地の湯があるということだけでも覚えておいてくださいね。
寒い季節には温泉が一番です。夏であっても、汗を流すのはすぐがいいですよね?
ぜひ、行ってみてください。

大分県別府市にある城島高原パークでスケートが冬の間できます。きちんとした施設なので、野外スケート場と違ってすべてそろっているので安心です。大人はもちろん、子供も汗をかきながら一生懸命滑ることができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする