大分で有名な長者原ビジターセンター。なぜ、みんないくのか試しに行ってみました。

こんにちは。
旅が大好きで現在福島から大分へ自主避難しているノコノコです。

今回は大分県にある「阿蘇くじゅう国立公園 長者原ビジターセンター」に行ってきました。名前だけ聞くと、ジオラマがあるお店かな?と思いがちですが、違います。タデ原湿原という場所があり、遊歩道となっています。自然を見ながら歩く場所ということです。

長者原ビジターセンターの何がいい?

①自然がある
見渡す限り山山山です。そして、道が歩きやすく広いのでゆっくり自然を満喫できます。

②空気がきれい
まわりに建物がないので、いくらでも吸えます。ここで腹式呼吸をしたらさらに健康になれそうです。
今、腹式呼吸を練習中なのでって誰も興味ないか。息を吸ってお腹を膨らませるのって難しいんですよ。息を吸うと胸も膨らむし、肩もあがるし。
しつこいですね。やめときます。

③観光客が少ない
なんで有名なのに誰もこないの?ってくらい人がいなかったです。やはり、自然のみだからかな。せっかく、大分にきたのにただ歩くだけの自然を見るなら牧場にいくわ!って人が多いのかもしれませんね。

④無料
ここがいいのは無料というところです。長者原はタデ原という高原を歩くのですが、ガイドも無料でついてくれるようです。
ガイドは1~2月は第1・4日曜・祝日、3~11月は毎週日曜・祝日、8月だけは毎週土日・祝日、12月は第1・3日曜・祝日の時間は10時~12時です(ボランティアがガイドです)

選べる散策3つのルート

(画像は公式HP参照)

Aがタデ原絶景コースで800mで20分、Bがタデ原一週コースで1,500mで40分、Cが草原森コースで2,500mで60分かかるようです。
私は子供を連れてBやCを歩く自信がなかったのでAです。

正直Aで満足です。景色もいい、空気もきれいです。でも、どこまで歩いても同じ景色。
もういいか~。帰ろ~。ってなってしまいました。
妻から誰が行くって言ったんだ?と言われるも飽きたなら仕方ないですよね?
このクズが!!!冗談ではありますが、罵声を浴びせられ意気消沈。
あっ夫婦仲はいいですよ~。

Cを行ける猛者なら違った感覚も楽しめるかもしれませんね。

行く時期はいつがいい?

冬は寒すぎてNG。では、夏は?となると暑すぎてNGです。行くなら夏が終わりそうな9月から11月まででしょう。あとは冬が終わり春の季節の4月~5月です。
夏に行くなら日傘が必需品です。

長者原ビジターセンターの場所


大分県玖珠郡九重町大字田野255-33
TEL:0973-79-2154
■開館時間 9:00~16:00※5~10月は17時閉館
入館料:無料 ■休館日:12/29~1/3

まとめ

長者原ビジターセンターは遊歩道ということがわかっていただけたと思います。

天気もよく、遠くまで見渡せる景色、澄んだ空気、都会で疲れた体を癒すにはもってこいな場所だなぁと感じました。
田舎育ちな私でも、これはいいと思える場所でしたが、滞在時間は少なめです。

旅行に行く際にはここをメインに考えずに、近くの九重夢大吊橋に行ってみるのもいいですよ。

歩道専用として日本一の高さを誇る大分県にある九重大吊橋。大人も怖がる絶景を一度見てみたらいかがでしょうか。 本当にいい景色を見ることができますよ。イベントも定期的に開催しているので観光として行ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする