三連休に行く伏見稲荷大社~(行く時間注意・子供注意)

こんにちは~
ノコノコです^^

今回は京都にある伏見稲荷大社に2018年11月23日の三連休初日に行きました。京都センチュリーホテルでランチバイキングに行き、京都市青少年科学センターを見てからの移動になったので到着は16:00くらいになりました。
この到着時間ははっきりいって遅いです。全部見終わる前に真っ暗になってしまいました。
この時期に行く方はもう少し早めにいったほうがいいですよ。

伏見稲荷大社

京都府京都市伏見区深草にある神社です。

全国3万社ある稲荷神社の総本宮で、五穀豊穣、商売繁昌の神として信仰されているそうです。なんだか神様がいそうな雰囲気。

千本鳥居

ここで有名なのが千本鳥居と呼ばれる朱塗りの鳥居です。

こんな鳥居がずっと続きます。歩いているうちに暗くなり、さらに夕方についたのに、人が多く写真を撮るには歩きながらとるしかありませんでした。

ちょっと画像が汚くてわかりずらいですが、人の多さがわかると思います。
下の子を抱っこしてるので、ぶれてます。3歳ではここは歩くことができません。
小さい子を連れている方はずっと抱っこを覚悟しましょう。

時間が遅いとこんな感じで暗いです。夕方でも人が少なくなることはないので、夕方のメリットは全くありませんよ。ぜひ、早い時間に行ってください。

まとめ

千本鳥居は有名なだけあり一見の価値ありです。ただ、小さい子は歩くスピードが遅く邪魔になるので抱っこは覚悟です。正直、疲れました。
明るい時間に、そして平日に行きたいところだなというのが感想です。
もしくは、三連休じゃなく土日のみの安いが最適化も。

京都センチュリーホテルにあるランチバイキングに行きました。大人の料理。雰囲気抜群。価格以上の料理のおいしさを味わいました。食べてみたいなぁと思う方の参考になれるように書いてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする