阿蘇山、1歳・5歳子連れで行ってみた!!!

阿蘇といえば阿蘇山。というわけで、今回は阿蘇山にいったときのことを書いていきます。阿蘇山には子供が1歳、2歳、5歳と三回ほどいっています。

阿蘇山火口

そのうち、一回は噴煙のために阿蘇山のお土産屋さんまでしか行くことができませんでした。(事前に調べずに行ったためです)なので、これから行く方は阿蘇山が入山規制になっていないか調べてから行くことをおススメします。
平成28年10月8日中岳噴火の影響により、阿蘇山ロープウェーは運休中ですが、「阿蘇山ループシャトル」が運行しています(HPより)
シャトルバスと自家用車でなら火山の火口見学に行くことができるようです。
写真を載せるとわかりやすいのですが、あえて写真は載せません。
個人的に阿蘇山は本当におススメなので、写真を見ずにいってほしいです。初めてみるときは現地にしてほしいです。
そうしないと、行ったときの感動が減ってしまうでしょう。
子供にとって楽しいかどうかと聞かれると火山の火があるよ。すごいねぇ。って同意を求めるような感じです。楽しむよりも阿蘇山のような大自然を味わうことが子供にとっていい影響をもたらすのだと思います。阿蘇山の火口付近は一周歩いてまわることができるので、大自然の中の散歩という意味では楽しめますよ。
火口にいる時間としてはそんなに長い間いるところでもありませんので、お土産屋さんで子供の好きなものを買ってあげるのもいいと思います。
火山にちなんだお土産がいっぱいありますよ。

阿蘇山料金

ループシャトル料金は
往復で大人1200円、子供600円、
片道大人750円、子供370円
自家用車でいく場合は普通車自動車が800円、軽自動車が600円です。

草千里ヶ浜

阿蘇山に行く途中に広がる草原が草千里ヶ浜です。ここでは有料駐車場(普通自動車410円)にとめて草原を眺めることになります。牛や馬が放牧されているので子どもたちは、牛や馬を見るだけでも喜びます。いた~って歓声があがありますよ^^
乗馬は有料でできます。
Aコース1人乗り1,500円、2人乗り2,500円、約5分間)(Bコース1人乗り4,000円、2人乗り6,000円、約20分間)(Cコース1人乗り5,000円、2人乗り8,000円、約25分間)
大体乗馬の料金は1,000円かなと思うのでちょっと高めです。私は子どもが乗りたいといったのですが、乗せませんでした(・。。・)

阿蘇火山博物館

阿蘇山ができるまでや、火山の様子などを学ぶことができるようです。私は子どもが小さいので興味がないだろうと思い行きませんでした。

入山規制情報はこちらの公式HPをご覧ください。

熊本県といえば阿蘇ですよね^^子連れなので宿をどうしようかなぁと考えている方へオススメの宿をご紹介します。阿蘇山を起点にどれくらいの距離にあ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする